オルリファストの詳細

オルリファストとは、脂肪吸収を阻害してくれる経口治療薬です。
服用することにより、摂取した脂分の約30%を便として排出してくれます。
ゼニカルのジェネリック医薬品で有効成分は同じオーリスタットです。
ゼニカルですが、スイスの製薬会社ホフマン・ラ・ロシュ社が開発し、現在では世界中で活用されています。
日本では厚生労働省で認可されておらず、保険適用外となります。
そこで同じ有効成分が含まれてるジェネリック医薬品ですと、同じ効能なのに価格は安いので手にしやすいいです。
この有効成分のオーリスタットですがリパーゼ酵素を抑えてくれる作用があります。
リパーゼは脂分を腸で吸収させる働きがありますので、それを抑えることにより、脂肪分が吸収されずそのまま排出される仕組みとなってます。
アメリカなどでは高カロリーな食事が多いので肥満症の方は年々増加にあります。
そこでこの脂肪吸収阻害剤は認可されており、ダイエットの強い味方となってます。
脂分をとっても、そのまま排出されるのですから、もちろんカロリーが摂取されないことになります。
個人差もありますが、大体数週間で、体重が減ってくるかたもいます。
一つ問題なのですが、服用したら脂分が便としてでます。
いわゆる下痢が続くことになります。
そして油がそのままでます。しかもおならでも油が出るとの事なので、下着などに脂分がついてしまう恐れがあります。
そこで女性などは生理用ナプキンなどを使用しながら服用するのですが、男性は少し難くなってしまいます。
しばらく家は出ないぞ!という男性は大丈夫でしょうが、なかなかそうはいかないです。
肥満ですが、アメリカでは現代の病気として大問題となっています。
そういった方は治療に専念するので、問題はないと思われます。
服用方法ですが、食事の際か食後1時間以内に服用します。
1日毎食後1錠となってますが、あまりにも下痢がひどい方は量を減らしましょう。
さらに効果を得たいからと言って多量に服用する事だけは避けてください。
必ず決められた量を服用しましょう。
オルリファストですが、個人輸入などで購入することも可能です。
ダイエットピルとしてはかなり効果が期待できます。
気になる方は試してみてください。
ただ、もちろん医師などに相談しながら服用するのが一番です。