余計な油をカット

オルリファストとは、新薬であるゼニカルのジェネリック医薬品となっています。
ダイエット治療薬としては全世界で見ても売り上げはトップクラスであり、世界中に愛用者がいます。
特徴として、摂取して食べ物の脂肪分をカットし、約30パーセントほどの油分を体内に吸収させることなく便と一緒に排泄してくれます。
含まれている主成分はオーリスタットという成分であり、オーリスタットは腸の中にあるリパーゼに作用し腸管から脂肪が吸収されるのを阻害してくれます。
また多くのダイエット薬には食欲抑制の作用がありますが、このクスリには抑制作用はありません。
服用方法は1日3回とされていますが、毎食後に服用すると便が緩くなりトイレから離れられない状態になってしまうことがあります。
なので服用回数を1~2回に減らしたり、油分を多く含んだ食べ物を食べた時などに服用するのが好ましいです。
実際、目で確認できる効果のあるクスリはなかなかありませんが、オルリファストはトイレに行くたびに確認でき、初めて服用してからトイレにいくと茶色の油分が便器についており、それら全てが油分になります。
効果をすぐに実感できるのも服用を続けていく良いきっかけとなります。
痩せたいと考える方も多いと思いますが、やはり気になるのが副作用であり、このクスリにも少なからず副作用があります。
重篤なものはありませんが、服用すると便意をコントロールすることが難しくなってしまい、おならと一緒に油分が出てしまうことがあります。
女性の場合であれば生理用ナプキンなどで対応できますが、男性の場合にはパンツを汚してしまうので注意が必要です。
また脂溶性ビタミンと呼ばれるものがあり、ビタミンA・D・E・K、βカロテンの吸収も油分と同時に阻害されてしまい、特にβカロテンとビタミンEが不足してしまうと血漿中濃度が減少してしまいます。
またビタミン不足により肌荒れの原因にもなります。
服用をする際にはマルチビタミンなどと一緒に服用することがお勧めです。